デスクトップ検索 – 高度なクエリのリファレンス

みなさん、もうMSNデスクトップサーチを使っていますか?

今年の6月にリリースしてから、ほんとうにたくさんの方に使っていただいているMSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ(長い名前で恐縮です)。自分のPCにある電子メールメッセージやメールの添付ファイル、写真や画像、ドキュメント、Outlookの予定表まで検索する、とても便利なツールです。社内でも大好評で、たとえば、となりのPR担当者の席を通ると、彼のPCの画面はいつもデスクトップサーチ検索結果になっています。

膨大な量のメールやドキュメント、画像を扱う人にとっては欠かせない、使ったらやみつきのツール。私も日々メールのメッセージや添付ファイル、マイドキュメントに放り込んだドキュメントのなかから必要な情報を「発掘」するために使っていて、自信をもっておすすめできるツールです。

 

さて、デスクトップサーチに慣れてきたら、ぜひ使ってみていただきたい機能が、デスクトップ検索ヘルプページで紹介している「高度なクエリのリファレンス」です。「高度な」といっても難しいことではなくて、より便利にデスクトップサーチを使うための小技集のようなものです。

 たとえば、レポート 含む:添付ファイル というキーワードで検索すると、"レポート" という語を含み、添付ファイルがあるアイテムを検索することができます。また、領収書 日時:>2005/7/1 < 2005/7/30 というキーワードで検索すると"領収書" という語を含み、"日時" プロパティの値が 2005/7/1 2005/7/30 のアイテムを検索します。

日ごろの検索行動をふりかえって、よく使いそうなものを見つけて、覚えておくと便利ですよ。

 

[関連ページ]

MSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチのダウンロードページ

高度なクエリのリファレンス

 

広告

ファイナンシャル アンサー

MSNサーチの「クイックアンサー」機能のメニューに、「ファイナンシャルアンサー」が加わりました。

プレスリリースは、こちらをご覧ください。http://press.msn.co.jp/854684.armx

 

「クイックアンサー」は、ユーザーの質問にすばやく的確に答えることを目標に提供している機能です。現在提供している機能には、「ニュースアンサー」「エンカルタアンサー」「計算クイックアンサー」がありますが、今回追加した「ファイナンシャルアンサー」は、これまでユーザーの皆さんからリクエストが多かった機能です。

ファイナンシャルアンサー」機能を使うと、株価や投資信託、外国証券、インデックスなどのマーケット情報が検索結果に表示されます。たとえば、以下のようなキーワードで検索してみてください。

株価検索は、最大9銘柄まで一覧にして表示することができるので、複数の株価を比較したいときや、自分が持っている株をまとめてチェックするときに、とても便利です。この機能、個人的にも非常に重宝しています。

詳しい説明は、下記のMSNサーチヘルプページでも紹介していますので、参考にしてみてください。

http://search.msn.co.jp/docs/help.aspx?t=SEARCH_PROC_FindFactsNStatistics.htm#Financial

 

Live.jp Beta

現在ベータ公開中のLive.jp、もうお試しいただけましたか?
今日のCNETのConferenceでデモがおこなわれているあいだ、周囲から「おもしろそうだね」という声が聞こえてきたので嬉しかった反面、まだご存知ない方もけっこういそうだな、とおもいました。
Live.jpは、簡単にいうと、自分好みにカスタマイズできるスタートページです。
自分の好きなニュースや、よく見るコラムや検索結果など、必要なコンテンツだけを思い通りのレイアウトで表示させることができます。また、便利ツール(米国版ではGadgets)を追加して、さらに自分好みのページにしていくこともできます。
 
たとえば、Microsoft Gadgets (英語)で公開されているGadgetsを組み合わせると、こんなスタートページをつくることができます。
ベータ版のLive.jpは、こちらからお試しいただけます。ぜひ使ってみてください。
 
 
 
Windows Live Ideas – Windows Live Betaに関する詳細情報
Windows Live Betaに関する米国での発表内容(抄訳)
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2473
live.com blog (英語)
Live.comブログ(翻訳版)
 

CNET Japan Innovation Conference 2005 Autumn

今週金曜日に、CNET Japan Innovation Conference 2005 Autumn が開催されます。
テーマは「次世代ウェブの検索サービスを探る」ということで、MSNからは、米国のプロダクトプランニング ジェネラルマネージャーのデリック・コーネルがMSN Searchの戦略について講演する予定です。また、日本からは、MSN R&Dセンターの浅川がモバイル検索についてのパネルディスカッションに参加します。すでに満席につき受付終了とのことですが、後日CNETさんのサイトにレポートが掲載されるとおもいますので、ぜひチェックしてみてください。
 
ちなみに社内では、デリックはこの人に似ているといわれています。そして浅川は、この人に似ているという声も・・・。みなさんどうおもいます?
 

Windows Desktop Search について

スペインのバルセロナで開催されているIT Forumで、企業向けWindows Desktop Search リリースの発表がありました。
プレスリリース(英語です)
http://www.microsoft.com/presspass/press/2005/nov05/11-15SearchEnterprisePR.mspx

今回リリースされた最新版のWindows Desktop Searchは、これまでのコンシューマ向けの
デスクトップ サーチを企業向けに拡張したもので、デスクトップやイントラネットから探している情報をすばやく的確に探すことに加え、IT管理者による導入や管理を容易にする機能を提供しています。現在のところ15の言語に対応しておりますが、日本語のAdministration Guide等を含めた日本のお客様向けの提供については、準備が整い次第あらためてご案内させていただく予定です。

日本では今年6月にコンシューマ向けの「MSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ」をリリースしましたが、おかげさまでたくさんのユーザーにお使いいただき、日々多くのご意見やご要望をいただいております。

これからも、みなさんのフィードバックをもとに、よりよいサービスを提供していきたいとおもいますので、どうぞよろしくおねがいします。

 

サーチで答えをみつけよう

ユーザーの質問にすばやく的確に答える、というのが、MSNサーチが目標としていることのひとつですが、そのための取り組みが「クイックアンサー」という機能です。詳しい説明はこちらにありますが、「クイックアンサー」を使うと、たとえば、こんな質問(クイズ?)の答えもカンタンにわかります。
 
Q: オマーンの首都は? ← クリックすると答えが分かります。
   1. ブドウ 2. グレープ 3.マスカット
 
Q: ミャンマーの通貨は? ← クリックすると答えが分かります。
   1. チャット 2. チュット 3.チョット
 
いかがでしたか?
ほかにも、知る人ぞ知る機能として、実は、こんな質問に対する答えも用意されているんです。

このあいだ、旅行のおみやげにキャビアをいただいたとき、キャビアについてMSNサーチで調べて、「チョウザメ」が「サメ」の仲間ではないことを初めて知りました・・・。詳しくはこちらをどうぞ。(クイックアンサー欄の詳細情報リンクをクリックすると、さらに詳しい情報が得られます。)

 

はじめまして

こんにちは、MSNサーチです。
今日からこのスペースを使って、機能やサービスの紹介はもちろんのこと、いますぐ使える検索の技やコツ、米国本社の動向などをお伝えしていきたいと考えています。

これまで、なかなか自分たちの言葉で自分たちのサービスを語る機会がなかったので、このブログを立ち上げることができて、とてもワクワクしています。
実は、これまでに「MSN
は顔が見えにくい」という内容のご意見をいただいたこともあったので、スタッフの熱い思いや、日々考えていることなども交えて、現場の雰囲気をお届けできればと考えています。

というわけで、今後とも、どうぞよろしくおねがいします。

 


 新宿オフィスにて